スポンサーリンク

車の左折時の左幅寄せに注意せよ!

走行中の車が、左折する際に、左側面に過度に幅寄せをして、原付・自転車のすり抜けを妨害する様にして、左折する車両を見かけます。

初心者や普段あまり車に乗らない人が行う事が多いと思います。

未だに教習所では左折時に左幅寄せ(30cm)

初心者や普段あまり車に乗らない人が、左側面に過度に幅寄せをして、原付・自転車のすり抜けを妨害する様にして、左折するかと言うと教習所で、そういう風に教えているからです。
教習所では、左折時に走行車線の左に幅寄せして、原付を含むバイクや自転車のすり抜けを出来ない様にして左折する事を教えてますが、これは相当古い習慣(ルール)と言わざる終えません。

教習所では、実際の交通習慣としては古いかルールを、依然として教えている事が多い為です。

その一つとしては、未だに踏切を通過する際は、窓を開けて外の音を聞くという様な前時代的なルールがまだ教習内容に存在していたりします。その中に、左折時の過度な左幅寄せ行為もあります。

車の左折に左幅寄せをしない方が良い理由

左後方は、自動車にとって死角になる為、バイク・原付・自転車等を見落としてしまう可能性がある為。


左に幅寄せをするという事は、左折の意思表示である左ウィンカーで十分なのですが、入り込ませない為の行為。


左折時に左に寄せすぎると、左折する際に内輪差がキツくなり、一旦右にハンドルを切ってから左折する事になり、左折する車に詰まったバイク等が右から抜こうとする際に、右にハンドルを切ると接触する危険があります。

これは都内を原付で走行すると割りと遭遇するシュチュエーションであります。

わざわざ、左折する際に左ギリギリへ幅寄せして、結局内輪差で曲がりきれずに右にハンドルを切り直すくらいであれば、左へギリギリに寄せる必要がまずない。

慣れたドライバーは左寄せをしない

都心の道に慣れたドライバー、タクシーなどは、左折時に過度な左幅寄せはせずに、普通の走行ラインから左折します。
その際に、原付などが左側から進行してきた場合は、先にすり抜けて原付を前に行かす余裕があるドライバーが多く、原付などをすり抜け・割り込ませない様にムキになって過度な左幅寄せをする方がかえって危険な摩擦を生む結果になります。

しかし、別の問題もあり、慣れたドライバーは左折の際にウィンカーを出さない・もしくは左折直前にちょこっと出す、という別の問題もあるので、原付で左折する車両の背後を走行する際は、過度は幅寄せに注意すると同時に、ウィンカーを出してない車両でも急に左折するかも知れないという予測を持って安全に運転しましょう。

スポンサーリンク
レクダル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクダル(大)