スポンサーリンク

マンホール、白線、落ち葉、スリップに注意

雨天時に原付を走行する際に、注意しなければならない点として、スリップがあります。

雨天時だけではないですが、原付がスリップしやすい箇所が存在してます。

原付でスリップしやすい箇所

雨天時はもとより、

マンホール


原付で走行中に、一番にスリップを気を付けなければならないのは、何と言ってもマンホールです。

雨に濡れていない状態でも、マンホールの上に後輪が乗った際に、強めにアクセルを入れると後輪が横滑りしてスリップ気味になる場合が多く、雨で濡れていた際などは、更にその傾向が高くなるので、マンホールの上ではアクセルを吹かさないのが基本です。

また直進状態でマンホールの上を通過する際は、アクセルワークの注意が必要ですが、右左折時などカーブへ侵入して車体が真っ直ぐな状態でない場合は、マンホールの上に乗った時点でタイヤがスリップする事がありますので、カーブ時には路面状況(特にマンホールには)気をつけて、避ける様にしましょう。

※ 交差点やカーブの途中の丁度よい所にマンホールが切ってある所が意外に多く、コーナリング中には前方と路面状況と両方注意が必要です。

同様に工事現場(工事中)の鉄板が引き詰めれている箇所も大変スリップしやすい所です。

白線(黄線)


道路の白線も、スリップします。

赤信号などで、止まり、青信号でスタートする時など、白線の上でアクセルを開けると後輪がスリップします。

またカーブしている際に、道路上のペイントに乗った際もアクセルを開けると、そのまま横転してしまう危険もあるので、注意が必要です。

コーナリング中に、中央のセンターラインにタイヤが掛かってしまう事もありますので、道路のラインには常に気をつけて走行する必要があります。

路肩の落ち葉


路肩にたまった落ち葉も、スリップしやすい箇所です。

車線の左側通行が基本の原付(1種)は、特に路肩にたまった落ち葉の上を走行する事になりますので、落ち葉が沢山落ちている道などでは、アクセルワークに注意する必要があります。

砂利(トラックが落とす事もある

砂利も非常にスリップする危険があります。
あまり走行ライン上に砂利が落ちている事はありませんが、気をつけないと行けないのは、走行中のダンプカーが砂利を落としてしまい、その後ろを走行していて砂利に乗り上げてしまい、スリップ→転倒するケースがあります。
郊外や山道のカーブなど、車が徐々に外へ外へと追いやった砂粒が路肩付近に溜まっていて、その上に乗り上げスリップする事もあります。

スリップしない為に

雨の日は、出来る限り車体をたて、原付を倒さない様にする事。
またスピードを出さない様に気を付ける。
白線、マンホールなどの路面状況を常に注意する。

スポンサーリンク
レクダル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクダル(大)