スポンサーリンク

セルフスタンドでのタイヤ空気入れ方

意外と知らないセルフスタンドでのタイヤ空気入れ方

原付タイヤの空気入れは、一般的には走行距離等にも寄りますが、1ヶ月に1度、チェックも含め入れる事が良いとされております。

原付タイヤの空気入れを実施するところとしては、バイク屋等がありますが、身近な原付タイヤの空気入れの場所としては、ガソリンスタンドがあります。
有人のガソリンスタンドの場合は、店員に空気を入れて欲しいと言えば、対応してくれますが、最近 ガソリンスタンドのメインとなっているセルフのガソリンスタンドでは、全て自分で行わないと行けません。

特に、やり方等の注意書きなどもなく、間違って空気を入れた(つもりになっている)事もありますので、説明致します。

セルフガソリンスタンドの空気入れ

セルフガソリンスタンドの端に、この様な形をしたモノが空気入れ(コンプレッサー)になります。
ほとんどが無料で使う事が出来ます。

給油後、空気入れ付近に原付を止め、タイヤの空気圧をチェックします。

セルフガソリンスタンドの空気入れ

この空気入れ(コンプレッサー)は、台座から外して使用する事が出来ます。
私も最初の頃は、その事を知らずに、バイクの位置を無理やり、空気れの横に付けて使用しておりました。

空気の入れ方(空気圧のチェックのやり方)

前輪、後輪の空気入れ口のキャップを外して、空気入れを差し込みます。

空気を入れる口は、上下とも空気を入れる事が出来る場合が多く、原付の構造上入れにくい場

合は、空気を入れる口を上下に入れ替えてみて下さい。

その際、『シュー』っと空気が入っている様な音がしますが、空気が入っている訳ではなく、逆に空気が漏れている状態です。

このレバーを右に押して(+にして)、初めて空気がタイヤに入ります。
※機械に寄っては、押ボタン式の機械もあります。

空気入れのメモリにバイクの適正空気圧のガイドがある場合があるので、それを参考に適正な空気圧を入れる(調整する)。
※タイヤに寄って適正な空気圧は違います。適正な空気圧はタイヤに記載されてますので、確認下さい。

間違いやすい点

  1. 空気入れは、台座から外して、自由な場所に置ける。
  2. 空気入れをタイヤに挿しただけでは空気は入らない。

上記2点は、間違いやすい点で、実際に私も間違って空気をいれたつもりになっていた事がありました。

タイヤの空気圧が減っていると危険です

タイヤの空気圧が減っている状態は非常に危険です。

  1. 燃費が悪くなる
  2. タイヤの張りがなくなり、パンクやバーストしやすくなる
  3. 乗り心地が悪くなる

逆に空気の入れすぎもよくありません。適正な空気圧のチェックがタイヤの長持ち、安全走行につながります。

スポンサーリンク
レクダル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクダル(大)